時間*fragmentation Ⅶ
DSC_0158_201705291003378b0.jpg

ここで忘れてならないのは
時間の問題は
人間論には、なくてはならない
重要な要素であるということ。

その理由、それは
現実が、同時的に存在する無限空間によってのみ
相互交換が可能であること、
また、人生の重大事の多くは
取り返しのつかない事象から成り立っていること

よって
時間の存在理由は
不可逆性に潜む
といっても
過言ではないのかもしれません。

時間とは
変化、浸食作用、無常
その原理であり
その絶対的器とも謂えましょう。

そんな時間に対し
”一切が同時に与えられることを妨げるもの”として
時間に積極的な働きを与えようとしたベルクソンが如く

もしかしたら
私たちが、今乗り越えねばならないのは
時間の自明性そのものかもしれません・・・。

























関連記事
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2017/06/08 09:23 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1661-c8f76938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |