FC2ブログ
カンディンスキーの青Ⅲ~マルク/青騎士~レンバッハハウス美術館~ピカソ/ルソー/クレー/ブラック/ドラン/ルオー/セザンヌ~シェーンベルク~アール・ヌーヴォー/ユーゲント・シュティル
絵画史において
多くの画家がに魅せられてきた理由
確かに
青は手の届かない”空の色”であり、”海の色”はその青色が映り込む現象なんですね・・。
青はそうしたものを想起させますので
地上に根差す色(緑など)よりも遥かなるイメージ、思惟、深い感懐を湛えているような印象があります。

rose01.jpg

20世紀の初頭
”青”に魅せられた画家
カンディンスキーとマルクが創刊した綜合芸術誌”ブラウエ・ライター”
日本語で”青騎士”
ミュンヘンにある”レンバッハハウス美術館”は彼らの活動の軌跡が刻まれた美術館です。

ブラウエ・ライターは
前衛芸術家たちの芸術談義で熱を帯びていたミュンヘンを拠点とし
取り分け表現主義画家たちの芸術家サークルとして発足しました。
印象派モネ、後期印象派ゴーギャン、新印象派スーラらによって解き放たれた絵画におけるフォルム
さらにフォーヴィスムとの共振、またドイツ表現主義、象徴主義、ロマン主義傾向も巻き込みながら広まり
それは最早芸術運動を超え、文化の革新、芸術の闘争とも謂えるものだったようです。

主宰の展覧会にはパリに集う画家たち、ピカソにルソー、クレー、ブラック、ドラン、ルオー、セザンヌら錚々たるメンバーの参加という環境下で、カンディンスキー達は技術探究を重ねながら精密な理論による芸術の構造的分析を進めました。
この活動がフォルムに捉われない構成的絵画を可能とし抽象絵画を生みだしていったんですね。
その上抽象的芸術表現の極みとした音楽の構成要素を絵画に適用しようと試みます。
時期を同じくして画家であり作曲家であったシェーンベルクが調性に寄らない音楽を目指していたことで
伝統的原理を覆そうとしていた双方の思考性に共通認識を見出し
結果、絵画・音楽といった芸術領域の境界をこえた総合芸術の運動に発展させます。
(カンディンスキーは”印象ーコンサート”というタイトルのもとシェーンベルクの音楽会を絵画にしています。)
ここで総合芸術と謂えばワーグナー、
ですが彼の原理は、第一義的には壮厳さを求めることありましたから、それが表層的な統合に過ぎないとして
芸術の根源的なるもの、魂の共鳴を目指したブラウエ・ライターとは相容れないものとして袂を分かちます。
そして僅か3年という活動期間には余りある芸術理論の構築を成し遂げました。
この潮流は19世紀末の
アール・ヌーヴォーへ
ユーゲント・シュティル(ウィーン分離派)へ
メゾン・キュビストへ
フューチャリズム、ダダイズムへ
さらに
ナチスにより全ての作品が壊滅されたというMerzbauへと波紋を広げて行きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


P1020075.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/10/25 23:29 】

| 絵画/彫刻 | コメント(10) | トラックバック(0) |
<<Over The Rain~ひかりの橋/flumpool/PV視聴 ~Answer/レジデント~5人の研修医 | ホーム | カンディンスキーの青Ⅱ~ミュンヘン/マリエン広場~ニンフェンブルク宮殿/シュライスハイム城~フラウエン/テアティナー/セントアンナ修道院~バロック/ロマネスク/ロココ/ゴシック様式~バイエルンアルプス~レンバッハハウス美術館>>
コメント
--- お邪魔致します。 ---

初めまして、お邪魔します。
足跡からやってきたのですが、すごく美しくそしてまた優しい写真と文章に心打たれました。私も趣味程度ですが写真をやっている分、凄く惹かれまして…。
コメントするのは得意ではないのですが、どうしても「すてき!」という事をお伝えしたくて、過去の記事ではありますが書かせて頂きました。
もっとゆっくりと時間をかけて読ませて頂きたいと思います。
失礼致しました。
滝川勝之 * URL [編集] 【 2013/03/15 14:50 】
--- リンク致しました ---

saki様
こんばんは
先ほどは、『花の四苛』へのコメント&ご訪問有難うございました。

早速、リンクさせて頂きました。有難うございます。
自分の琴線に触れたものが、好きです。
当たり前ですけれど・・・。
まさしく、こちらのサイトは、私の琴線を掻き鳴らしました。
一目惚れでございます。

私こそ、saki様の記事を読むのが楽しみです。
今日は、お散歩少しでしたから、ほんのさわりで・・・でも、明日がありますものね。
【花の四苛】のsaki様のご訪問を楽しみにしております。
これから、宜しくお願い致します。ぺこり。
さくらぱん * URL [編集] 【 2013/02/28 23:29 】
--- さくらぱんさま ---

はじめまして

ご訪問戴き、こんなに素敵なメッセージを残して下さいまして
ありがとうございます☆

とっても嬉しかったです。

フェルメールブルー
ほんとうに美しいですね・・・
共感致します。

こちらこそ
素敵なさくらぱんさまのブログに訪問させて戴くこと
楽しみにしています・・・。
saki * URL [編集] 【 2013/02/28 23:10 】
--- はじめまして ---

Saki様
はじめまして
さくらぱんと申します。

初めて訪問しましたが、とても雰囲気のある素敵なブログですね。
感性が磨かれそうです。

どの記事も興味深く、強く惹かれます。
何処にコメントを残そうかと、しばらく彷徨っておりました。楽しいお散歩でした。

記事に、添えられた写真も詩的文章も素敵ですね。
特に、この青のテーマの記事の薔薇の美しいこと。
トップページの薔薇の名前の記事も惹かれます。

青のテーマ
私は、フェルメール・ブルーに魅せられて
美術館に見に行きました。
Saki様 様々な感性を磨かせて下さい。

ご訪問したばかりで恐縮ですが、リンクさせて下さい。
リンクフリーということなので、頂いていきます。

興味をそそられる記事ばかりで、読むのが楽しみで、ワクワクします。
これから不定期ですけど、ご訪問させて下さい。
よろしくお願い致します。
さくらぱん * URL [編集] 【 2013/02/28 17:52 】
--- 高 長行 さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
埋もれた記事を読んで下さってこのようなメッセージ戴けるのは
本当に嬉しいことです☆
”カンディンスキーの青”で
共感できましたこと幸せに感じています♪♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/14 13:03 】
--- No title ---

「カンディンスキーの青」素敵ですね。
ほんと、いろいろな部分でお勉強になります♪
過去記事も徐々に読んでおります!
高 長行 * URL [編集] 【 2012/11/14 03:39 】
--- はなはなさま ---

ご訪問そして
素敵なメッセージありがとうございます。
此処はささやかなブログ。ですが
>書かれたことはその方の人生の一部かなと思えます。
というお言葉は、そのまま
はなはなさまの文章に想いが至ります。
こちらこそ学ばせて戴いています。
saki * URL [編集] 【 2012/10/28 01:26 】
--- 学び ---

どんな方が、綴られているのか想像がかりたてられます。そもそも、書かれたことは、その方の人生の一部かなと思えます。ヨーロッパ、深い歴史と培われた深い芸術、文化。学ばさせてくださいませ。
はなはな * URL [編集] 【 2012/10/27 04:55 】
--- rakiさま ---

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
ささやかなブログですのに
お優しいメッセージ戴きまして本当に
嬉しいです☆
saki * URL [編集] 【 2012/10/26 21:44 】
--- はじめまして ---

画像、記事など全て含めて全体のコンポーズが非常にうつくしいブログですね☆
raki * URL [編集] 【 2012/10/26 19:21 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/171-183c96fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |