FC2ブログ
ローマ七丘~ローマ人の物語/塩野七~七つの丘の都市/カンピドリオ広場/ミケランジェロの設計/バロック的広場~コンスタンティノポリス/イスタンブール~リスボン/プラハ/バルセロナ/エルサレム/モスクワ/サンフランシスコ/シアトル/ロワーヌの森
PAP_0350.jpg

永遠の都ローマ
七つの丘の上に築かれたという都市
幾多の伝説を総括して繁栄した街
遺跡溢れるローマの風景は
どこを切り取ってもそのまま情景に変わります。

放課後、学校の図書室で塩野七生さんの”ローマ人の物語”を読み漁ってから
ローマの七つの丘は、私にとって憧れの丘でした。
(こちらあくまで”HISTORIA”ではなく "RES GESTAE POPULI ROMANI"です)

ローマ七丘はテヴェル川の東岸にあるセルウィウスの城壁で囲まれており
古代ローマの主要部は統べてこの七つの丘の上にあったといいます。
ケルマルスの丘 、キスピウスの丘、、ファグタルの丘、オッピウスの丘、パラティウムの丘、スクサの丘、ウェリアの丘の七つ
ローマ神話定番の丘です。

そして
紀元前5世紀、ローマ市の誕生に伴い
ひとつ目の丘、アヴェンティーノの丘にケレス神殿が建てられます。
さらにふたつ目
カエリウス・ウィベンナの死を悼んで命名されたというカンピドリオの丘は、ローマ七丘で最も高い丘。
ローマの最高神ユピテルやユノーの神殿があり、現在のローマ市庁舎の所在地でもあります。
頂上のカンピドリオ広場は、ミケランジェロの設計
建築史上初のバロック的広場です。このランドスケープの素晴らしさと云ったら・・
対称軸で美しく統合されたあのサン・ピエトロ広場もこの設計手法で築かれているんですよね。
三つめチェリオの丘、政治の丘でもあったこの丘は現在もローマの中心部にあたり
コンスタンティヌス帝の凱旋門、コロッセオ、水道橋、クラウディウス神殿が隣接していた場です。
四つ目、城塞都市エスクイリーノの丘。貴族たちの館跡が2000年間もの間不名誉なスラム地区とされていた辺り。
五つ目はマグナ・マテル神殿の地です。ローマ発祥の、ロムルスのパラティーノの丘であり
現在も遺跡で埋め尽くされているエリアです。
六つ目、紀元前8世紀からのサビニ人の街、クイリナーレの丘
中世のミリツィエの塔、サンティ・ピエトロ・エ・ドメニコ修道院、コンスタンティヌス浴場のあった処です。
七つ目
最後の丘は最小の丘ですがローマの原型とも云えるヴィミナーレの丘
此処のヴィミナーレ宮殿は現内務省であり、ローマ歌劇場もあります。
これら七つの丘とテヴェレ河を挟んだ対岸には聖なる土地、バチカンの丘。
あまりに有名なこの丘ですが、ローマ七丘には含まれていません。

世界的には、リスボンやプラハ、
バルセロナ、エルサレム、モスクワ、サンフランシスコ、シアトルにも
七丘の上に築かれたという都市伝説が残されています。
実は東京(というか江戸ですけれど)にも・・。
こんな身近な処にも七つの丘の伝説は残されていたんですね。

またフランスのロワール地方やアメリカ、オーストラリアの地方都市には
Seven Hillsという地名の都市が結構あったりしまして。
けれど、史実であるとされているのはこのローマと
ローマに習って形成されたというコンスタンティノポリス、現在のイスタンブールの2都市のみなんですね。
あとは七つの丘陵のピックアップにすぎない説有力です(笑

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

【 2012/10/29 18:30 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<雨のいろは坂/空海(弘法大師)~紅葉見ごろですが雨、渋滞なし~中禅寺湖/華厳の滝/奥日光(戦場ヶ原) | ホーム | ジョヴァンニ・セガンティーニの道/ソルダネーラホテル~アルプス三部作~生成/生/牧場の午後~存在/自然/日没の家路~消滅/死/夜明けの葬送~湖を渡るアヴェマリア~マルチン・ルター>>
コメント
--- はなはなさま ---

コメントありがとうございます♪
パクスロマーナの時代に嵌ってました^^

そしてパクス・アメリカーナ的体制になって久しいのですが
超大国主導型の世界的安全保障は多くの問題を抱えているようですね。
経済大国日本の名を恣にしたあの頃からの凋落ぶりも切ないですけれど
それでも原発問題さえクリアできれば・・と
今や夢の様なことを願うしか救いがなさそうな状況ですね・・。
saki * URL [編集] 【 2012/10/30 21:33 】
--- 塩野七生さんよみあさって ---

放課後、学校の図書室で塩野七生さんの”ローマ人の物語”を読み漁って・・・
あの長いローマ人物語を おませな中学生?高校生?そして、垣間見るローマ。素敵ですね。
今読まれると、ローマの栄華と没落、今の日本の様?
はなはな * URL [編集] 【 2012/10/30 05:02 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/173-b0b4a0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |