FC2ブログ
芥川の眼差し


ーー人生は一行のボオドレエルにも若かないーー

芥川の作中からの言葉ですけれど

”一行のボオドレエル”
をどう捉えるかで
文脈は随分と変わってもまいりましょう。

彼の他作品から読み解こうとするなら
その芸術至上主義的価値観が
如実に示されたメッセージとも受け取れます。

一行のボードレールとは
日常に対して垂直に立ち上がる
時間の煌めき
永遠性さえ帯びるこの瞬間は
“生の精華”
ひとつの藝術のカタチであり
人生是に勝るものは
ないのかもしれません。

20180127180144ffa.jpeg

























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2018/01/27 18:03 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1814-07bd10dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |