FC2ブログ
モンマルトルの丘/サクレ・クール寺院/コタンの小路/階段~洗濯船/ユトリロ/ピカソ/ノディりアニ/ゴッホ/ドラン/ルノワール/ドガ/ユトリロ/ロートレック/マティス~ジェントリフィケーション~モンパルナスへ
Epuisés mais ravis
Fallait-il que l'on s'aime
Et qu'on aime la vie

111028.jpg
モンマルトルの丘に立つサクレ・クール寺院に続く
コタンの小道です。

寺院正面の石段を登るのが正攻法というか
多分多くのパリッ子や観光客の例にもれず
公園が綺麗に整備され高低差も少ないこのルート利用が王道だと・・・。
ですが、
その裏手にひっそりと佇むパサージュ・コタン。
いつ行っても意外なほど人影疎らなこの小道、
”コタンの小路”は私のパリお気に入りの場所のひとつです。
本当のパリの良さは
観光スポットやメインストリートから少し外れ気味の
こんな処にあるのだと思いながら歩みを進めます。

石畳の細い路地
古びた壁にからまる蔦やアイビー
急な階段をゆっくり登りながら往時のモンマルトルに想いを馳せます。
19世紀半ばピカソやピサロら芸術家たちは
都市化されたパリ市街地を離れ
ここモンマルトルに失われた情緒を求めて集いました。
19世紀末芸術の時代です。
”洗濯船”と呼ばれる安いアパルトマンは
芸術家たちの溜まり場でした。
ゴッホ、ドラン、ルノワール、ドガ、ユトリロ、ロートレック、
モディリアーニにマティスら画家の他にも
劇作家や小説家、さらに詩人のアポリネール
広く芸術に携わったコクトーらも交え
芸術の枠を超えて熱を帯びた議論が取り交わされていたといいます。
ナビ派などの芸術集団も此処で組まれており
モンマルトルはそのまま芸術活動の拠点であり
同時にボヘミアンの牙城でもありました。

シャルル・アズナブールの”ラ・ボエーム”は
そんな画家たちが制作に勤しんだモンマルトルでの蹉跌と夢いっぱいの若き日々へのノスタルジアに溢れています。

ーライラックの枝の先がアパルトマンの窓辺にまで届いて
   苦悩しながらも、充たされていた
      僕らは生きることを愛していたー


ですが終に此のモンマルトルもジェントリフィケーションが進み
芸術家たちの運動拠点はパリ左岸のモンパルナスに移って行きました。
ここに愛しき酔いどれのユトリロが描いた”コタン小路”があります。
当時の彼の哀しみまで優しく包み込むような
古き良き時代のパリの風景が
キャンバスにそのまま切り取られているようです。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【 2012/11/05 07:30 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<パリ18区/景観保存地区~酒場ラパンアジル~ユトリロ/白の時代~モンマルトルの丘~ルノワール/ロートレック | ホーム | 常套句/Mr. Children/歌詞/ 視聴~遅咲きのヒマワリ/生田斗真/真木よう子/桐谷健太/香椎由宇/柄本佑/木村文乃/国仲涼子/松重豊>>
コメント
--- rakiさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
そうですね・・
パリ郊外の見渡す限り平原の長閑な田園風景に
ぽつんぽつんとあるお家がミニチュアのおもちゃみたいで
絵にかいたような風景が素敵ですよね☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/06 19:31 】
--- さすが ---

これぞパリの街並み!という感じですね☆
まぁ・・・パリも地下鉄の円の外側にちょいと離れれば
さらにのどかな風景が広がりますからね。
raki * URL [編集] 【 2012/11/06 18:47 】
--- 苺パフェ さま ---

こんにちは
ご訪問&コメントありがとうございます♪
日本にもたくさん素敵な処あるんですけれどね(笑
気分転換には最高かもしれませんね☆
そしてパリは・・・
旅というより住みたくなっちゃう街かもしれませんね☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/06 17:51 】
--- 月ヶ瀬 采 さま ---

こんにちは
ご訪問&コメントありがとうごさいます♪
ユトリロの画集のあるカフェ素敵ですね☆
続いて今日の記事もユトリロ取り上げました^^
>焼き立てパンやくだものの入った紙袋を抱えて歩きたいです
そうですね~☆
マルシェで食材買い込んで、パンは断然フランスパンですよね♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/06 17:46 】
--- No title ---

こんにちは。
いい景色ですね。
私も海外旅行してみたい。

☆苺パフェ☆
苺パフェ * URL [編集] 【 2012/11/06 13:36 】
--- No title ---

 こんにちは。
 先日訪れたカフェでユトリロの画集を見せていただきました。その中にあった「コタン小路」という絵が気に入ってメモをしていたので、sakiさんのブログに写真が載っているのを見てテンションが上がりました。とっても素敵です。
 この小路を、焼き立てパンやくだものの入った紙袋を抱えて歩きたいです。笑
月ヶ瀬 采 * URL [編集] 【 2012/11/06 06:02 】
--- hasselさま ---

はじめまして☆
ご訪問&コメントありがとうございます♪
セーヌの流れにルーブル、オルセー、ノートルダム・・
至るところ石畳にカフェ、お花屋さん
見上げれば
エッフェル塔にモンマルトルの丘
世界で最も愛しい街のひとつですね☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/05 20:17 】
--- こんばんは ---

こんばんは初めてコメントします
とってもお洒落なフレーミング、素敵なお写真の数々、見入ってしまいました。パリの雰囲気が伝わってきます
hassel 24 * URL [編集] 【 2012/11/05 19:57 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/182-9e5a2ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |