FC2ブログ
Mishima:A_Life_In_Four_Chaptersに触れて
横浜の街では
既に陽光眩しい新緑に身を包んでいる
さくらの樹々

そんなさくらの豊饒のもとで
先日戴いたメッセージを拝見いたしました。

映画”Mishima:A_Life_In_Four_Chapters”についての
ご質問でしたけれど
未見の作です。

(正確には、4つめのチャプター”harmony of pen and sword”
だけ機会あって観ています。
こちら、演出はされているでしょうけれど
芸術的色彩の濃いドキュメンタリー調といった印象でした。

解説によるとその前に
”beauty”
”art”
”action”
といった3章が並んでいるようですので
作品に関しては何も語ることができません涙)


谷崎、川端に勝るとも劣らない
美文極まる三島文学の世界観。
その美しい日本語には
多く
凛とした信念と深い覚悟が含まれていたものですけれど・・・。


          *


古代よりの日本の美意識を
具現化するが如くのさくらの姿その在り様。

滅びの美学に擬えるなら
誰よりペンのひとであった三島には
やはり
剣などでなく
あの偉大なるペンでこそ
貫いて欲しかった
生の徹頭徹尾を・・・

そんなことを思わないではいられない”時間”が
そこには、息衝いていました。

DSC_0015_201803270903557c3.jpg






























関連記事
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2018/04/13 23:14 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/1873-b5f4e7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |