FC2ブログ
ワインの格付け制度~フランスワイン~ボルドー/ブルゴーニュ地方~イタリアワイン/カンパーニャ/ピエモンテ/トスカーナ
街の至る所にあるバールでのエスプレッソも美味しい
”ワインの産地”ナポリの海の夕景です。
PAP_0387.jpg

ワインの歴史は本当に古くて
紀元前2000年には既にワインが存在(というか勝手にワインになっちゃったんじゃないかと思うんですけれど)していた模様です。
ワインとして生産され始めたのは紀元前800年頃と謂われています。
ワイン(wine)はイタリア語で vino(ヴィーノ)
フランス語では、vin(ヴァン)
現地に着いたらいちばん先に覚えたい単語のひとつかもしれません(笑

イタリアはワイン生産量世界一で世界シェアの1/4を占めています。
ワイン消費量は世界第二位。
フランスもほぼ同じくらいですから
この2ヶ国で、世界のワインの生産量、消費量の1/2を占めている計算になります。

両国ともワインの格付け制度はありまして
フランスの格付けは
最高ランクが"原産地名称統制ワイン"
Appellation d'Origine Controlee
略してA.O.C.です。
400エリア程度が指定されているようです。
EUワイン法のD.O.C.G.はこれに対抗して定められたランクですので
ほぼ同レヴェルと謂われています。
フランスでは特にボルドーとブルゴーニュ地方に
醸造所や葡萄畑単位で定めた格付け制度があったりするんですけれど
これが凄いんですね。
5大シャトーやロマネ・コンティあたりが最高クラスとされていますが
ここでは1本数万はフツー、数十万クラスも珍しくないといった印象。
一方イタリアはほぼ全域でワインが生産されてます。
北部のピエモンテ(バルベーラやバローロに使われる”ワインの王にして王のワイン”と言わしめた葡萄品種ネッビオーロはここでしか育ちません)やトスカーナ地方(カベルネ・ソーヴィニヨン原料のサッシカイア、ルーチェといった銘柄はスーペル・トスカーナと呼ばれてます)のワインは有名ですよね。
ラクリマクリスティの生産地ナポリを始めとして
ベスビオ火山、ポンペイ遺跡さらにはソレント
アマルフィ海岸、青の洞窟(カプリ島)、温泉リゾートのイスキア島などで名を馳せる
南イタリアはカンパーニャ州のワインもお勧めです。
旧アッピア街道沿い一帯に広がる葡萄畑は、
標高250-300mというヴェズヴィオ火山山麓の火山灰豊富で肥沃な土壌。
ここで栽培されたカンパーニャ州の地元品種コーダ・ディ・ウ゛ォルペ、 フィアーノ、ファランギーナの手摘みぶどうから成るワインです。
ワイン造りの伝統を築いた6世紀末の教皇グレゴリオ1世に因んだ名を冠したワイナリーもあります^^
拘りのラクリマワインですが
12時間のマセラシオン後に、冷温状態でモストをデキャンティングし
18度に温度管理し25日間発酵させ、その後ステンレスタンクで3~4ヶ月熟成したものです。
短いかなと思われるかもしれませんが
基本、果物は熟せば熟すほど糖度が高まりタンニン(渋み)は減少しますので
フランスより暖かなイタリア葡萄は熟成も早く
甘みやフルーティさは増し、渋みが抜けてくるのは必然なんですよね。
ですのでイタリアワインは寧ろ寝かせ過ぎないのが美味しく頂くコツなのかもしれません。

フランスの主要なブドウ品種ってカベルネ・ソーヴィニヨンを初めとして30種類程度なのですが
イタリアではなんと5000近い品種が・・・
ですので
イタリアワインのラベルを見ただけでは判別しづらいのがイタリアワインの難点と謂えば難点です。
基本テーブルワインですので、お値段もお手頃。外れてもビーフシチューに入れちゃえくらいな軽くノリで
ラベルのデザイン重視、週末のマーケットでの食材とワインの”パケ買い”しっかり楽しんでます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※イタリア適用のワイン法は
TOPクラスの(先ほど名を挙げた)D.O.C.G.ワインから
D.O.Cワイン、I.G.T.ワイン、V.d.T.ワインの4ランクに格付けされてます。
このD.O.C.G.はDenominazione di Origine Controllata e Garantitaの略。
そのまま統制保証付原産地呼称ワインです。
目印はボトルネックのピンクラベル。
バローロやキャンティ(葡萄品種はサンジョベーゼ)、バルバレスコ、クラシコ、ブルネロ・ディ・モンタルチーノなど歴史あるワインがこのクラスです。日本のスーパーなどで販売されているものは大抵この銘柄です。
次ランクのD.O.C.ワインで5年以上経過し厳しい審査・分析・試飲などの基準をクリアしての認可です。
約40銘柄程度あります。
次ランクD.O.C.ワイン
Denominazione di Origine Controllataの略。
統制原産地呼称ワインで特定のエリアで、厳しい生産条件のもと生産されたワインということになってます。 
収穫量、ブドウ品種、収率、最低アルコール度数、熟成期間などの規定が有って現在約300銘柄位あると謂われています。個人的にはアマローネが好みです。
次々ランクI.G.T.ワイン
Indicazione Geografica Tipicoの略で
地域特性表示ワインとされおり、使用されたブドウの85%以上が特定地域で取れたものであれば、地域名(ラツィオ州、ヴェネト州)を冠することが可能なグレードです。収穫量、ブドウ品種、最低アルコール度数などの規定が有ります。
V.D.T.ワイン
Vino da Tavolaの略称でありテーブルワインで瓶詰めした会社の名称とワインの色(白、赤、ロゼ)が明記されてます。
原料はイタリア産のぶどう限定。 
最下位カテゴリーですが、ワイン法に捉われない革新的な生産者の優良ワインもこのランクに多くあります。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

【 2012/11/11 00:37 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<Mountain volⅠ~ダンテ/神曲~モーセ/シナイ山~ローマ帝国/ハドリアヌス帝~アウグスティヌスの/告白~映画”劒岳 点の記”/新田次郎 | ホーム | MONSTERS /嵐(PV視聴/歌詞)~The MONSTERS(香取慎吾+山下智久期間限定ユニット) >>
コメント
--- ---

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
添え状のダウンロード * URL [編集] 【 2013/01/31 16:11 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/11/11 19:37 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/11/11 14:33 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/188-41a17dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |