FC2ブログ
Mountain volⅠ~ダンテ/神曲~モーセ/シナイ山~ローマ帝国/ハドリアヌス帝~アウグスティヌスの/告白~映画”劒岳 点の記”/新田次郎
レッジオの山に登ったという記述のある14世紀の作品
ダンテ”神曲”
101223.jpg
自然の美しさを描写した優れた文章は
多くの文筆家が残している処ですが
最初にその素晴らしさを綴った著作は
4世紀アウグスティヌスの”告白”でしょうか。
そこには、
ー人は自然の姿に感動し我をも忘れるー
といったような記述が為されていました。

ただただ
純粋に自然の眺めを楽しむためだけの登山は
そのまま”風景”の発見と呼んでいいのかもしれません。

古代の文献、聖典、伝説等には登山に関する記述は在りますが
往時の山は、崇拝の対象であり、時に神そのものであったんですよね
モーセがシナイ山で神の啓示を受けたとされるお話などその典型的なエピソードです
またハンニバルの軍が6万人の兵と37頭の象を引き連れピレネーやアルプスの山脈を越えたとされるのが第二次ポエニ戦争の時であり
要は宗教や有事、また狩猟などを目的としての登山の歴史は古くからあります。
ですが
純粋にランドスケープを楽しむための登山、”近代登山”の先駆けは
1世紀ローマ帝国ハドリアヌス帝が初めのひとり??というのも
彼が朝陽を眺めるためにエトナ山頂に登ったという文献が残されているからです。
これは取りも直さず山に登り
そのことによって精神が充たされることを目的とした登山であり
アウグスティヌスが語りかけているように
心が折れた時
美しい風景を眺めることは
その、対症療法としてはひとつ有意な方法なのかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/11/12 05:57 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(26) | トラックバック(0) |
<<My Perfect Blue/柴咲コウ~パーフェクトブルー ~瀧本美織/平山あや/水上剣星 | ホーム | ワインの格付け制度~フランスワイン~ボルドー/ブルゴーニュ地方~イタリアワイン/カンパーニャ/ピエモンテ/トスカーナ>>
コメント
--- ---

こんばんは、初めまして。

全部のお写真をまだ拝見していませんが お邪魔して少しずつ拝見させていただきます。

ダンテの「神曲」ファンです。
翻訳家によって ニュアンスが違うため
何度も買い直しました。

平川 祐弘氏翻訳の単行本が一番読みやすいのですが 持ち歩けず家で少しずつ読んでいました。
また 1頁目から読み始めようかと思います。

久し振りにここにきましたので アップされた時期とずれてしまい 失礼しました。

聖らん * URL [編集] 【 2013/06/01 23:32 】
--- 水嶋康惟さま ---

ご訪問そして
ささやかな記事に
いつも乍、暖かなメッセージありがとうございます。
”風景の発見”に於ける認識では
私のそれは机上の論理的でございまして
何より
美術家の皆さまの見解こそ大変重いと思っております。
いろいろ学ばせて戴きたく
今後ともどうかよろしくお願い致します。
saki * URL [編集] 【 2012/11/18 22:00 】
--- No title ---

おはようございます。
いつもながら素晴らしい内容ですね。
私は文字通りの“風景画”をかいたりしますので、西洋における”風景の発見”にはそれなりに興味をもっていたつもりでしたがこれほど昔からその認識があるとは知りませんでした。

今私がやってるような絵も”近代登山”を含めジャン・ジャック・ルソーをさかのぼれないと思っていました。
思い込みを改めます!
ありがとうございます♪
水嶋康惟 * URL [編集] 【 2012/11/18 10:09 】
--- 一生喜劇 さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
一生喜劇 さまの記事は考えさせられることが多く
刺激になります。
これからもよろしくお願い致します☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/18 02:14 】
--- No title ---

拝見させてもらっています。

とても綺麗な写真ですね。

綺麗だけでなく厳しい寒さも伝わってくるようです。
これからもいろいろ楽しませて下さい。
一生喜劇 * URL [編集] 【 2012/11/17 21:00 】
--- allex さま ---

こんにちは
ご訪問&コメントありがとうございます♪
お昼休みに会社から失礼しています。
気温が下がると(上空の空気の湿度も下がり)透明度が高くなりますから
日本でも冬景色は空気が澄んで素晴らしい景観になりますよね。
ご主人さまは素晴らしい環境でお育ちになったんですね。
山のエネルギーのもと月の光の下でのそり滑り
お部屋に戻れば暖かなココア
最高です☆☆☆
こちらこそ訪問を楽しみにさせて戴いているんです♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/14 13:00 】
--- No title ---

こんにちわ!
訪れる度に写真からいい気が入って来ていました。選択眼がすごいです!
透明度が高いですよね!素晴らしい。

私のところへも良く来ていただいて驚いていました(笑)

ところでこの写真の場所はダンナの実家にそっくりなんです!そばにある山からすごいエネルギーがきます。素晴らしく美しいのです。
そこでは冬に月の光でそり滑りをするのです。これがまた冷たい空気とともに忘れがたい光景です‥。

冬は精神も内側へと向いがち、秋から冬にかけては何かとココアもおいしいですね!
allex * URL [編集] 【 2012/11/14 00:39 】
--- megu さま ---

ご訪問&コメント
そしてリンクを戴き光栄です♪
megu さまのブログも
本当に素晴らしくて
訪問させて戴くのが楽しみです☆
どうぞよろしくお願い致します♪♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/13 22:19 】
--- kaz さま ---

ご訪問&コメントそしてリンクまでして下さり
ありがとうございます。
ささやかなブログですがよろしくお願い致します♪
こちらこそkaz さまの美しいお写真楽しみにしています☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/13 22:14 】
--- No title ---

あとになってしまいましたが
リンクさせてください
よろしくお願いしますm(_ _)m
megu * URL [編集] 【 2012/11/13 21:59 】
--- No title ---

はじめまして
とても美しい世界の写真に感動をいただきました
どんなに美しくても、行けるところではないので
こうして拝見させていただき
嬉しく思います

また遊びに伺いますね
ぽち
megu * URL [編集] 【 2012/11/13 21:39 】
--- はじめまして! ---

saki さま
本日、当ブログに起こし頂いてありがとうございます!
どれも素敵な風景で見とれて引き付けられてしまいました。
親父には、文学的な皆無ですが、写真は綺麗で素敵だと思います!
リンクさせてください!またお邪魔させてもらいます。
kaz * URL [編集] 【 2012/11/13 19:42 】
--- ぷらんさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
こちらこそ遊びに行かせて戴くこと楽しみにしています。
どうかよろしくお願い致します☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/13 19:04 】
--- はじめまして ---

いつもご訪問ありがとうございます

美しい写真ですね
 
心が折れた時、こういう写真を眺めると癒されそうです

これからもよろしくお願いします
ぷらん * URL [編集] 【 2012/11/13 18:34 】
--- イーグルスさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
拙いブログですけれ
どうか
よろしくお願い致します☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/13 17:20 】
--- No title ---

秀逸な写真と記事、いつも楽しみにしています。
今日は感動して、思わずコメントしてしまいました。
イーグルス16 * URL [編集] 【 2012/11/13 06:53 】
--- はなはなさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます。
”美しものを美しいと感じるために、学問をする”
この教えに、私も本当にほんとうに心から共感致します。
なんて深くて暖かなお言葉でしょう。
もう、多分、生涯忘れられないメッセージになりそうです。
”学問は、知識でなく、その意味を理解するためにするんだ”
このように素敵な想い出をsakiのブログに記して下さり
感謝の気持ちでいっぱいです・・。

saki * URL [編集] 【 2012/11/13 00:19 】
--- 五センチ さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
お勉強でお忙しい中、感謝です。
どうかお体も大切になさって下さいね。
蔭ながら応援してます☆
saki * URL [編集] 【 2012/11/13 00:04 】
--- 司音さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
ささやかなブログですのにこんなにも暖かなメッセージを頂戴致しまして
恐縮致しております。
司音さまの大学、本郷でご専門の「美学芸術学」って
素晴らしすぎます☆☆☆
こちらこそが光栄に過ぎまして
司音さまのブログで学ばせて戴くこと
そして『カテゴリ』の活用とても楽しみです♪♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/12 23:59 】
--- ぼちぼちさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
ぼちぼちさまのブログは情報満載でいらして
多くの方のお役に立っていらっしゃるとお見受けします☆
私も参考にさせて戴きますね!
これからもよろしくお願い致します♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/12 23:42 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/11/12 21:38 】
--- 美しものを ---

「美しいものを美しく感じるには、もちろん理屈では有りません。・・・・あらゆる文化的コンテクスト・・・・」

学生時代に、家庭教師先の父親が、「何故学問をするか?」と私に問われ、彼は、「美しものを美しいと感じるためだと思う。青くさいけど」その会話が今でも心に残っています。その彼も、昨年亡くなり、お葬式に行くと、娘たちが、いつも息子のように思っていたんですよ。と言われ、また、この会話を思い出しました。そして、冒頭の一節でもまた、彼とも会話を思い出しました。彼は、何よりも、学問は、知識でなく、その意味を理解するためにするんだと19歳の私に教えてくれたとおもいます。そんな大事な会話を思い出させてくれてありがとう。
はなはなー * URL [編集] 【 2012/11/12 21:02 】
--- No title ---

ちょっと勉強の休憩として
癒されにきました(((o(*゚▽゚*)o)))
五センチ * URL [編集] 【 2012/11/12 19:20 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/11/12 17:05 】
--- 美しすぎ! ---

ため息が出るほど美しい写真!
ダンテやアウグスティヌスを思い浮かべながら、再度、熟読させていただきます!
ところで、昨日はコメントをありがとうございました。
ちなみに司音の大学では、3年生から本郷に移って専門課程に分かれるのですが、
司音は文学部にて「美学芸術学」を専攻しておりました。
司音ブログは音楽や本や食べ歩きや映画がごった煮状態になっておりますので(笑)、
ブログのトップ・ペ-ジの『カテゴリ』を上手く活用しますと、読みたい記事に効率良く辿り着けるかもしれません。
いずれにしましても、こんなに素晴らしく美しいブログを作成されているsakiさんのような方に司音ブログをお読みいただける事を、
大変光栄に思ってます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
司音 * URL [編集] 【 2012/11/12 15:58 】
--- 圧倒されます。 ---

初めまして。ぼちぼちといいます。

すごいきれいな写真ですね。

自分も行って見たいところです。

リンク貼っちゃいました。

自分のブログはしょぼいですが、

この風景が少しでも他の人にも

浸透すれば。
ぼちぼち * URL [編集] 【 2012/11/12 07:26 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/190-8beddbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |