FC2ブログ
もうひとつの愛を哲学する ―ステイタスの不安― アラン・ド・ボトン~ヒエラルキー~トルストイ/ドストエフスキー/バルザックにディケンズ/オースティン/ショーペンハウアー
The photograph of Paris
20121119191103c3f.jpg

アラン・ド・ボトンの著作”もうひとつの愛を哲学する ”は
世俗の価値意識
外的価値(富・権力・権威)に重きを置く
現代人のステータス信仰を考察した作品です。

彼は、社会の段階的組織構造の高みを目指そうとする
ステイタスの欲求をもうひとつの愛の欲求と分析します。
それは
愛するひとから愛されたいと願う愛の欲求と同様に
人は世間からも愛されたいと願っているという見解からなんですね。
そしてもしや愛されないのではないかという恐れが
ひとを高いステイタスへと駆り立てる・・・
ゆえに
(ステイタスの高さ=)贅沢の歴史は
人が愛されたいと願い傷ついたココロの記録だと総じていました。


またステイタスの傷を癒す方法にも触れています。
そこで
社会のヒエラルキー的価値観に縛られず
より人の内面的資質を優先する文学、哲学、芸術、政治、宗教
あらゆる角度から切り込んでいます。
トルストイ、ドストエフスキー
バルザックにディケンズ、オースティン
そしてショーペンハウアーらの書物に
さらにはボヘミアンの生き方や
ブッタの精神に
履歴、経歴を競う生き方、財産や家柄に絡む世俗の価値基準を否定する思想があり
賢明な知恵が息衝いていると・・。
(日本で謂えば、福沢諭吉の独立自尊の精神などもそのひとつかもしれません)

またボトンは
生命の有限性や
栄華の儚さ、
宇宙や大自然に照らしてひとのそうした苦悩の卑小さにも言及し
ステイタスの傷からの救済を説いています・・。

*********************************

世間の価値に流される愚かさ
所有主義でなくそのひと固有の魅力こそが真に大切なものであるという
物事の本質を見極めながら
社会の判断基準に惑わされることなく
信じる道を歩むしか
手だてはないのかもしれません。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

※先日機会あって翻訳ものを手にしましたが
拙訳のようで意味が取らない部分もありお勧めはできないのですが・・。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/11/19 19:44 】

| 哲学 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<東京駅/赤れんが駅舎~丸の内/丸ビル | ホーム | 映画LIFE IS BEAUTIFUL~哲学者アラン・ド・ボトン~スイス~英国ケンブリッジ/ロンドン大学キングスカレッジ~恋/テロリスト>>
コメント
--- はなはなさま ---

ご訪問そして
大切な学生時代の想い出を交えられた
深いメッセージありがとうございます。
>青春の蹉跌という本に出会う。そして、この作家の表題の本にであう。
>私一人の私は、私だけの私でなく、愛されたい私だったと。
そうなのかもしれませんね・・
根源的にひとは愛されたいと願う生き物なんだと。
けれど人世はなかなか自分の思うようには行きませんよね・・
そんな自分と折り合いをつけるため
その葛藤がいろんな形で表出してくるのではなかろうかと思ってみたりも
するんですね・・・
繊細で多感な時代(ひと)には
ストレートにそれが顕われ辛い状況もあるのかもしれませんね・・。

saki * URL [編集] 【 2012/11/26 18:22 】
--- 私一人の私 ---

大学入試に一度目落ちて、二度目での合格、ただそれは、第二志望だった。二浪するか、このまま行くかと迷っていた時、青春の蹉跌という本に出会う。そして、この作家の表題の本にであう。衝撃だった。人は生まれながらにして一人で、死ぬ時も一人だと言ったニュアンスの文章だった。ひとの輪から抜け出して、一人になりたいと思っていた時だから。そして、今日、sakiさんのボトンの話を読みながら、石川達三さんを思い出していた。彼は、生まれる時は母がいて、死ぬ時には、彼を囲む人がいることを望んでいたんじゃないかと、私一人の私は、私だけの私でなく、愛されたい私だったと。ボトンもそんな事をステータスにこめた?と教えてくださったsakiさん?
はなはな * URL [編集] 【 2012/11/23 07:49 】
--- bxxxxd さま ---

ご訪問&お優しいメッセージ
そしてリンクまで戴きありがとうございます♪
bxxxxd さまのブログ☆胸に響く記事盛り沢山で
訪問させて戴くのが楽しみです。
saki * URL [編集] 【 2012/11/21 18:58 】
--- はじめまして! ---

どの風景写真も構図が素晴らしくクリアですね。
文章も素敵です。

事後報告になりますがリンクさせていただきました。
ご都合悪ければお知らせください。
bxxxxd * URL [編集] 【 2012/11/21 15:09 】
--- 一生喜劇さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
> アラン.ド.ボトン、読んでみたいですが、仰る通り、翻訳がまずいようですね。
そうですね残念です・・
形式に捉われているのが敗因のひとつに感じました。
> リンクさせていただきましたが、不可であればおっしゃってください(^.^)
リンク戴き光栄です☆ありがとうございます。
> しかし、いつ見ても綺麗な写真と構成ですね。見ていると、ぼくのは恥ずかしくなります。
sakiのものはどれもささやかな写真で私こそ恥ずかしくていつもドキドキしながらUPしてます。
一生喜劇さまのブログは本当に興味深いもので、これからは過去記事も含め遡ってゆっくり拝見させて戴くのが楽しみなんです♪♪
saki * URL [編集] 【 2012/11/21 09:18 】
--- No title ---

アラン.ド.ボトン、読んでみたいですが、仰る通り、翻訳がまずいようですね。

リンクさせていただきましたが、不可であればおっしゃってください(^.^)
しかし、いつ見ても綺麗な写真と構成ですね。見ていると、ぼくのは恥ずかしくなります。
一生喜劇 * URL [編集] 【 2012/11/21 08:29 】
--- meguさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
>紀元前より、消えることのない
>人間の欲の歴史ですね
その通りですね・・。
社会の価値観に振り回されてしまうその要因
人間が抱える本能的欲求は変わっていないのでしょうね。
そして人々抱える心の傷が
文化の発展とともに多元化、重層化してきたということなのでしょうか。
いつも応援感謝です♪



saki * URL [編集] 【 2012/11/20 12:39 】
--- No title ---

外的価値(富・権力・権威)に重きを置く・・
イタリアにいって、歴史を少しだけ学び
紀元前より、消えることのない
人間の欲の歴史ですね

できれば誰からも愛されたいと
口とはうらはらに願っています(^^;
ぽち
megu * URL [編集] 【 2012/11/20 11:58 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/196-d223ca8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |