FC2ブログ
ギリシア神話Ⅲ~ホメロス/オデュッセイア~アイルランド/ジョイス/ユリシリーズ~善悪の彼岸/ニーチェ
121124.jpg


アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの代表作”ユリシーズ”
その原型となった作品はホメロスの”オデュッセイア”
ユリシリーズはそのラテン名なんですね。
執筆中のジョイスが
文芸作品上でオールラウンドのキャラクターは
キリストでもファウストでもハムレットでもなく
オデュッセウスだと力説していたように
彼が文藝史上稀にみる魅力的な登場人物であったことだけは
否めないように思います。


”オデュッセイア”のなかでの
ナウシカのオデュッセウスへの愛
届かない想い
この先二度とは逢えないであろう別れの場面での言葉
を引いて
ニーチェは、自著”善悪の彼岸”の中で
ーー人生を終える時にひとは、
オデュセウスがナウシカと決別したように
別れるべきだ。
恋々とするよりはむしろ祝意のうちにーー
と記していました。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


こうしたときに
できるならば
穏やかに
そして凛として
在りたいと思います・・。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/11/29 22:49 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(9) | トラックバック(0) |
<<メロウ/アイルランド~スコットランド~マーメイド伝説~サイドストリー/アナザーストーリー/クロスオーバー/シェアード・ワールド/スピンオフ/派生~ヘッセ~人魚姫/アンデルセン~ローレライの歌/ドイツ~セイレーン/ギリシア神話 | ホーム | ギリシア神話Ⅱ~ホメロス/叙事詩/オデュッセイア/オデュッセウス~啓蒙の弁証法>>
コメント
--- hirorinさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
映画グランブルーはこんな世界なのですね・・
教えて下さり感謝です。
hirorinさまのメッセージを戴き
私はこの映画を是非鑑賞したくなってしまいました♪♪

saki * URL [編集] 【 2012/12/05 20:11 】
--- にーチェ♪さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
そうですね☆
できるならいつも
ほがらかに
全力で
チャンスを大切に
やってゆきたいです♪♪
saki * URL [編集] 【 2012/12/05 20:09 】
--- meguさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
そうですね~☆
エーゲ海も地中海も
紺碧の海に白い建物は
最高ですよね!!
いつも応援ありがとうございます☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/05 20:06 】
--- アハウさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
戴いたアハウさまのメッセージの一言一言が暖かくて
胸に沁みます・・・。
ほんとうに嬉しかったです。
ささやかなブログで
お仕事の忙しさも手伝って
挫けそうになることもしばしばですが
戴いたお言葉を励みにこれからも頑張らせて戴きます・・・☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/05 20:03 】
--- グランブルーの世界 ---

これって映画グランブルーの世界ですね。
このへんはホテルも高いんだろうな。
アー旅行したいです。
hirorin2000 * URL [編集] 【 2012/12/05 17:53 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/01 23:15 】
--- No title ---

ニーチェはこうも言っています。
---以下引用----
死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。
いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。
嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。
にーチェ♪ * URL [編集] 【 2012/11/30 23:16 】
--- No title ---

サントリーニ島の白い教会ですね
エーゲ海クルージングの旅に
憧れてJTBさんでDVDを貸して
頂いた時に知りました
青いエーゲ海に白い建物が
よく映えて美しいです

ぽち
megu * URL [編集] 【 2012/11/30 17:02 】
--- 説得力が ---

あなたの文章には説得力があって思わず
最後まで読まされてしまいます。
文体も優しさに溢れ「説明しよう」という
心意気に満ち満ちて好感がもてます。

きっと優しい性格の人なのでしょう・・・
文体に性格がにじみ出ています。

毎回楽しい話を有難うございます。
益々のご健筆お祈り申し上げます。
アハウ * URL [編集] 【 2012/11/30 08:10 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/200-8d1bfc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |