FC2ブログ
メロウ/アイルランド~スコットランド~マーメイド伝説~サイドストリー/アナザーストーリー/クロスオーバー/シェアード・ワールド/スピンオフ/派生~ヘッセ~人魚姫/アンデルセン~ローレライの歌/ドイツ~セイレーン/ギリシア神話



ーー儚さがなければ、美しいものはないーー


ドイツ文学を代表する作家
ヘルマン・ヘッセの言葉です。

彼は、続けて
次のように記していました。

”美と死
歓喜と無常
これらは
互いに求め合い制約し合っている”

Mols 034 the sea

世界各国に伝わるマーメイド伝説。
海辺で手鏡を翳しながら長い髪を梳かす水の精
そんな可憐なイメージのあるマーメイドですが
中でもローレライの歌は良く知られています。

ライン川を見下ろす断崖に座り魅惑的な声で謳い続ける
マーメイドの歌声に
航海する水夫たちは惑わされ
舵の手元を狂わせ破滅へと導かれるお話です。
ポピュラーな処ではハイネ
またライン川に身を投げるというブレンターノ オリジナルのローレライも切ない想いが込められていました。
こちら
古代ギリシア神話に登場する海の妖精
美しい歌声で男たちを誘い、嵐を呼び起こして難破させる
セイレーン(足元は魚ではなく鳥でしたが)の流れを汲むものでしょうか。
ここから各国にアナザー(サイド)ストーリーが生まれ
時にクロスオーバー、シェアード・ワールド、或いはスピンオフ、パラレルワールド、if系化
されていったようです。

アイルランドの”マーメイドの涙”伝説では
修道士に恋をした人魚が勇気を振り絞って
人間と同じ魂を授けて下さいと彼に申し出ます。
ですが修道士が心開くことはなく
とうとう最期には海辺にさえ近寄らないように言い渡されてしまうのです。
哀しみに暮れたマーメードがこのとき流した涙は小さな石に変わり
今でもアイオナ島の砂浜の灰緑色の小石は”マーメイドの涙”と
呼ばれているそうです。
またブリテン王国(イギリス)の人間の男性と結婚するお話
さらには
スコットランド北東部サザーランドには
コーンウォールの3つの願いをかなえてくれるメロウ伝承が・・。
他にも北欧、そして東洋に
シュメールに、南米の神ケツアルカトルに因むものなどなど
また
15世紀末のコロンブスの航海日誌には
アメリカ大陸への洋上で
マーメイドを見かけたと記されているほど
各国で古くから愛され受け継がれてきたSTORYなんですね。

個人的には
幼少のころに母から読み聞かせて貰った”人魚姫”
19世紀ヨーロッパでデンマークのアンデルセンが手掛けた童話ですが
その哀しみの結末に
一度聴いたら
忘れられない物語となって胸に刻まれました。

愛する人に逢いたい一心で
深い海の底で足と引き換えに
綺麗で優しい声を失うマーメイド
そして
ただただ愛する人のしあわせだけを願い
報われることなく泡となって消えたマーメイド。

そんな彼女を想うと
ヘッセの言葉が
想起されてくるんです。

彼女の恋は
儚いからこそ
美しいのだと・・

儚いからこそひとの心を捉えて離さない。

ですから
人魚の恋は
誰より胸に深く
強く
刻まれてきたのだろうと・・・。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

※派生作品
アレクサンダー・ツェムリンスキーの
交響詩に”Den lille Havfrue”がありましたし
アメリカ映画の”スプラッシュ”やディズニー映画”リトル・マーメイド”
ジブリの”崖の上のポニョ”
なんかもその派生作品と謂えるのではないでしょうか
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/12/05 19:38 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(11) | トラックバック(0) |
<<' The Bucket List ' /死ぬまでにやっておきたいこと/一度は訪れてみたい世界の観光スポット~バケットリスト | ホーム | ギリシア神話Ⅲ~ホメロス/オデュッセイア~アイルランド/ジョイス/ユリシリーズ~善悪の彼岸/ニーチェ>>
コメント
--- ****さま ---

はじめまして
ご訪問&コメントありがとうございます♪
素敵なメッセージを頂戴し嬉しかったです☆
これからもよろしくお願い致します・・。
saki * URL [編集] 【 2012/12/16 13:20 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/15 23:45 】
--- ****さま ---

はじめまして
ご訪問&コメントをありがとうございます。

> 水と女と愛と死…
> 人魚に投影される若い女の悲劇的テーマは…、
> 近代のラファエロ前派の画家達が追い続け、私自身、強く惹かれる「永遠不滅の普遍の愛」です。

”永遠不滅の普遍の愛”
心の琴線に響く言葉です・・・。

> 美しい文章、優しい世界観に触れさせてもらいました。

ささやかなブログですのに
お優しいメッセージが胸に沁みます・・。
重ねてありがとうございます。
saki * URL [編集] 【 2012/12/12 09:10 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/12 00:12 】
--- meguさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
> 大自然の歴史の中ではほんの一瞬の光
> 儚い命を精一杯生きたいものです
私も本当にそう思います
いつも素敵なメッセージ
そして応援感謝です・・。

saki * URL [編集] 【 2012/12/07 17:41 】
--- No title ---

人の一生も、また儚いものなんでしょうね
短かった命の者、長生きの者、しかし
大自然の歴史の中ではほんの一瞬の光
儚い命を精一杯生きたいものです

いつも素敵なお話をありがとうございます
ぽち
megu * URL [編集] 【 2012/12/06 21:24 】
--- はなはなさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
数ある花言葉の中でも
アネモネの花言葉にはとても想い出深いものがございまして
はなはなさまがここにこうして記して下さったことが
単なる偶然とは思えないでいます・・・。
> 「儚いからこそ、美しい」は、「美しいからこそ儚い」と思えてしまう。
本当に
そうですね・・。
ですからヘッセは
美と死(儚さ)は
互いに求め合い制約し合っていると語ったものでしょう・・・。

saki * URL [編集] 【 2012/12/06 19:44 】
--- Pochipochiさま ---

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。
暖かなメッセージ嬉しかったです♪
Pochipochiさまのお写真もとっても素敵です☆
こちらこそ訪問させて戴くの楽しみにしています♪
saki * URL [編集] 【 2012/12/06 19:40 】
--- 儚いから美しい ---

花言葉には、同じ花色でも、違う花言葉があります。花言葉は、ギリシャ神話に由来するものが多い。
アネモネの花言葉は、「はかない恋」「恋の苦しみ」「薄れゆく希望」「清純無垢」「無邪気」「辛抱」待望」「期待」「可能性」
(赤)「君を愛す」
(白)「真実」「真心」
(紫)「あなたを信じて待つ」
それぞれの色に流れる感情は、
「儚いからこそ、美しい」は、「美しいからこそ儚い」と思えてしまう。
はなはな * URL [編集] 【 2012/12/06 17:51 】
--- 素晴らしいブログですね ---

はじめまして。
夢色 photo のPochiPochiです。
きちんと履歴を残してご訪問いただきまして
ありがとうございます。

あまりにも素敵なお写真、素敵なお話…
ただただ溜息…が出てきます。

また訪問させていただきますね!
PochiPochi * URL [編集] 【 2012/12/05 22:43 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/05 21:47 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/203-59de3d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |