FC2ブログ
トルストイとマティス
IMG_6289.jpg

作品の強度を保ちながら
自然に鑑賞者を誘う
そうした志向性において
トルストイは
後のマティスに近しいといえるかもしれません。

けれど
其処で
感情の表現の先にいる
すべてのひとに
伝達せんとしたトルストイには
やはり無理があったようです。

ただ、
理解を・・・

理解が生まれたなら
感情が浄化せれば
それで充分であろうかと
私は思うのですが…。






















関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2018/11/28 12:25 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/2044-3cb3786f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |