FC2ブログ
想像力への要請


例えば
史上、影響力が大きかったとされる人物のひとりマルクス
ですけれど

史的資本主義(実態)分析では
往時なりに一定の到達は見られたように感じています。


ですが、それが礎とされ
(意図せずとしても)社会で実践しようとする指導者たちの在り様
(歴史を紐解けば明らかなように)
其処への想像力が
如何に大切かということなんですよね。

資本主義は資本主義に
共産主義は共産主義に
破壊されると謂われる所以です。

どんなシステムにも
欠陥が付きまとうということ

そして
人間とは間違う動物
決してパーフェクトな存在ではない

(一般論になりますが)
こうした前提を置き去りにした
論理展開は、曲解、悪用される可能性が高いことは
残念ながら歴史が証明しています。













関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2019/02/07 08:45 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/2101-8e577a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |