FC2ブログ
扉~ジンメル~シラー/カント/ショーペンハウアー/ニーチェ
ーー扉とは
     限られたものと限りないものとが
           境を接する場所ーー

~ゲオルク・ジンメル
tumblr_mcxz93VNHZ1rhyo5oo1_500.jpg

私は
”扉”が好きで・・。

ヨーロッパの田舎町を歩いていると
ふと扉を撮影している自分に気付くことがあります。
扉のフォルムの美しさも然ることながら
扉が持つその可能性が
好きなのかもしれません。

ひとり室内に身を置くと
扉の向こう側には
冒頭の言葉が示す様に
限りのない空間が広がっています。
それは時に
陽の光が燦々と降り注ぐ樹々の木漏れ日あり
また夜空に広がる満点の星・・。
そして
音もなく降り積む雪の銀世界かもしれません。

水平線から届けられるオレンジの光の帯の彼方に潜む
憧れ

愛するひと
未知なる無限の出会いが
私たちを待っています。

ジンメルは
20世紀初頭に活躍したドイツの哲学者で
社会学を確立した思想家でもあります。
彼はまた、次の様にも語っていました。

ーー人は一人では一人になれない
     相手がいるからこそ一人になるのであるーー


(ひとりで生きて行けると思っていたのに
 一人では生きていけないと思えてくる
 恋をした時のあの感覚にも通じるものがあるかもしれません・・)

 扉は真に開かれうるものでもあるが故に、
 それがひと度閉じられると、
 この空間の彼方にあるもの総てに対し
 ”壁”よりもいっそう強い”遮断感”を与えるのです。
   
ーー壁は沈黙しているが、扉は語っているーー

 人間が自分で自分に境界を設定しているという事、
 しかしあくまで、その境界は自身で開け放ち
 その外側に立つことができるという自由を 確保しながら
 これを行っているという事、
 これこそが人間の深層にとって本質的なことなのです

  
ーー橋は分かれた両岸を結んでくれる。
  川の両岸は単に分かれているのではなく
  分離されていると感じるのは私たちに特有のことだーー

~橋と扉/ジンメルコレクション

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こうした認識活動は
ひとがより良く生きるため古代から受け継いできた人生哲学を講義した
フリードリヒ・シュレーゲルや
詩人シラーら19世紀ドイツのロマン主義が
その母体とも謂えるでしょうか。
ジンメルの”生へ深い凝視”は
この時代に盛んに辯論されていた
所謂”生”の哲学といった括りで捉えられていますが
現代では哲学者とされるニーチェ、キルケゴールらのそれが
文学或いは思想的エッセイとしか見做されず
精神史の1ページを刻んだひとつの思潮として
扱われていたことに似ているかもしれません。

論理・歴史・自然、芸術といった
さまざまな角度からのアプローチにより体系的に思唯を積重ねてこそ
”生”という問題を探る鍵が浮き彫りになってくる故のものでしょうか。

19世紀中期までの哲学は
ドイツ観念論やカントが示すような
認識論、実在論として
理性的に理論を展開するものであって
”生”がその構想に組み込まれることはなかったんですよね・・。

主観と客観が統合された絶対的精神(ヘーゲル)
或いは
真、善、美さえも理性に支配されるという考え方に
挑むかのように
人間が本来もっている筈の心の奥深い処の感覚に耳を傾けようとしたのが
ここでいう”生”の哲学です。
”理性”を”生”の上位におく哲学に対して
その”理性”とは、もしかすると
”理性”ですら捉えられない
非合理的な”生”を実現するための”道具”にすぎないのではないかとして
ショーペンハウアーやニーチェらと同様に
それぞれの立場から
”合理的な理性”に対する”非合理な生”の優位性を唱えていました。
ですからこうした非合理主義に対抗すべく
形而上学を批判する論理実証主義が生まれたという経緯もあったものでしょう。
こうして考えてみると
フッサールの現象学もまた、これらの統合への試みとも云えるのかもしれません。

彼らの思想は形式社会学に結実し
現代のフランス哲学や実存主義(哲学)そしてシカゴ学派(社会学)
ポストモダン主義、プラグマティズム的文脈の中に
厳然と息衝いているようにも感じ取れます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


※ジンメルエッセイ集
 1.生と哲学 2.歴史と文化 3.宗教 4.美と芸術 5.歴史的人物像 6.社会
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2012/12/23 10:32 】

| 哲学 | コメント(29) | トラックバック(0) |
<<クリスマスキャンドル/イルミネーション/シャンパン/ミサ/リース~Merry Christmas☆☆☆ | ホーム | 横浜山手/クリスマス~えの木てい/シフォンケーキ~赤レンガ/chano-ma>>
コメント
--- はなはな ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
そのように受け取られる
はなはなさまの
感性が素晴らしいと思います・・。

今年一年も
はなはなさまにとられまして素敵な一年となられますように☆
saki * URL [編集] 【 2013/01/04 16:07 】
--- 扉と壁の違い ---

なるほどなと感じます。先日見た大聖堂に扉がなく、小さな開かれた壁になっていたのは、意思として、誰でも受け入れるといった意味だったのかと今更に思いました。
はなはな * URL [編集] 【 2013/01/03 01:29 】
--- 朱鷺さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪

こちらこそ
朱鷺さまの小説から伝わってくる
あの感覚、”詩的な思考”
別世界に誘われています^^
いつも感謝です☆


saki * URL [編集] 【 2012/12/29 15:48 】
--- ---

ああ、ため息が出るくらい素敵です。
扉。
そんな風に世界を垣間見られると、世の中、なんでも光と闇に彩られて、キラメキと暗黒のコントラストが迫ってくるようです。

詩的な思考、なんだか、憧れます♪
朱鷺(shuro) * URL [編集] 【 2012/12/28 22:34 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/26 00:07 】
--- saraさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪

> ジンメルの言葉、いいですね
> 私も「扉」が大好きなんですよ

あ~共感できてうれしいです☆

> 扉だけの小さなアートを考えた時期がありました

素敵☆
扉フェチの私と致しましては
なんだかとっても
期待せずにはいられません♪
完成されましたら
ブログにupして下さいね☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:57 】
--- youno senichi さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます。
Merry X'mas☆☆☆

> 僕の好きな扉はダンテの地獄の門。いつかは僕なりに復元したいと想っているんです。

”聖なる威力、比類なき智慧、第一の愛”の
ダンテ”神曲”地獄篇”のあの門ですね・・。

ロダンの作品が国立西洋美術館にありましたが
芸術家にとっては
想像力を掻き立てられる
”門”なのですね・・・。




saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:43 】
--- ボクちゃん2 さま ---

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
こんな片隅の”エストリルのクリスマスローズ”ブログをご紹介戴き
恐縮の恐縮の10乗です。

ひたすら感激で・・
ただただ、うるうるしてしまいました。

ボクちゃん2 さまの記事は
私にとって未知の”漢検1級”の世界で
知らないことがいっぱいです♪
これからお勉強させて下さいね☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:30 】
--- はじめまして ---

いつもお邪魔しています^^

ジンメルの言葉、いいですね

私も「扉」が大好きなんですよ

扉だけの小さなアートを考えた時期がありました

実現しないままですが・・・

このお写真も素敵~~♪
sara * URL [編集] 【 2012/12/25 16:26 】
--- ユウさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
Merry Christmas!です☆
ユウさまこそ
お身体大切になさって下さいね☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:18 】
--- 孝ちゃんのパパ さま ---

はじめまして
ご訪問&コメントありがとうございます♪

> 二人でいる時の温もりを知ってしまったから
> 一人になった時に寂しさが込み上げてくるんだ!

孝ちゃんのパパ さまのブログ
初めて訪問させて戴いたとき最初から読ませて戴きました・・。
私なんて何もしてさしあげられないのですが
ほんとうに本当に心から応援したい気持ちでいっぱいでした。
ここにこうしてメッセージを戴いたこと
深く強くかみ締めています・・。
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:12 】
--- 月子さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪

こちらこそ
月子さまに
幸福と癒し戴いています。

> 壁は沈黙しているが、扉は語っている

同じフレーズで思索に遊べること
嬉しく感じています☆☆☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:07 】
--- etudiant さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪

> すてきな言葉ですね。鋭くもある。

そのように感じられる
etudiant さまが鋭いかなと・・思います。
そしてより良く生きるヒントが見つかれば
って
ささやかですがお祈りしています^^

saki * URL [編集] 【 2012/12/25 16:03 】
--- Toknoy さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
拙い記事にお優しいメッセージを頂戴し
恐縮致しますが
嬉しかったです☆
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 15:49 】
--- 荒野の狼さま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪

荒野の狼さま
2012年9月20日のブログまで読んで下さったとのこと感激でした・・。
”知性的認識(理性)と感性的認識(生への深い凝視)の補完”
に同意戴き・・・共感できることの喜びを感じています。

>どちらかだけが正しいと主張する人が多いのですが。宗教でも、聖典などを重視する派と、禅のように瞑想だけが大事といっている派がありますが、この対立は理性対感性にあたると思います。でも、後者の人は、往々にして、前者の思想を勉強してることが多いように思います(たとえば禅家なら道元とか鈴木大拙とか)。私は素人ですが、ひとたび、”自分の思想だけが正しい”と言い始めて、他(相手)の意見を顧みず”補完”をやめてしまう人には残念なおもいがします。

ここの処、私も全くそのように感じておりまして
こうした多くの方々に荒野の狼さまのメッセージが届けばどんなに素晴らしいだろうと
思っています。

saki * URL [編集] 【 2012/12/25 15:13 】
--- meguさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
meguさまの応援に後押しされ
ちょっと挫けそうになりながらも(笑)
がんばれる気がしています。
いつも感謝感謝です!!
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 15:06 】
--- まあさんさま ---

ご訪問&コメントありがとうございます♪
ポジティブな明るいメッセージ感謝です☆
そのように過ごして戴き恐縮致しますとともに
ほんとに光栄に思っています^^
saki * URL [編集] 【 2012/12/25 15:04 】
--- ---

Merry X'mas!
僕の好きな扉はダンテの地獄の門。いつかは僕なりに復元したいと想っているんです。
よい年を。
youno senichi * URL [編集] 【 2012/12/25 01:14 】
--- ---

はじめまして。漢検1級ブログの者です。
拙ブログ・カテゴリ「港の見える丘」にて
紹介させていただきました。いつも、
「こんな深く気品のある文章が自分にも
書けたらなあ」と思っていたのですが、
勇気を出して本日コメント致した次第です。
これからも、楽しみに訪問させて戴きます。
ボクちゃん2 * URL [編集] 【 2012/12/25 00:33 】
--- この日にピッタリのcoolブログ ---

Merry Christmas!
お風邪など召しませんよう・・
ユウ * URL [編集] 【 2012/12/24 23:56 】
--- ---

そうなんだ!

二人でいる時の温もりを知ってしまったから
一人になった時に寂しさが込み上げてくるんだ!
孝ちゃんのパパ * URL [編集] 【 2012/12/24 18:02 】
--- ---

初めまして。足跡辿って来たところ・・・
素敵なブログで感激しました^^

壁は沈黙しているが、扉は語っている

詩心を刺激されました。ありがとうございます。
月子 * URL [編集] 【 2012/12/24 17:52 】
--- ---

<
人は一人では一人になれない
     相手がいるからこそ一人になるのである
>
すてきな言葉ですね。鋭くもある。
ジンメルについてほとんど何も知らないのですが、本屋で手にとってみたいと思います。
etudiant * URL [編集] 【 2012/12/24 14:34 】
--- ---

美しく洗練された風景、素晴らしいの一言です。
日常に無いものを今日も有難う。
Toknoy * URL [編集] 【 2012/12/24 11:25 】
--- 知性的認識(理性)と感性的認識(生への深い凝視)の補完 ---

Sakiさん

2012年9月20日のブログと合わせて読ませていただきました。”知性的認識(理性)と感性的認識(生への深い凝視)の補完”という考えに私は同感です。往々にして、どちらかだけが正しいと主張する人が多いのですが。宗教でも、聖典などを重視する派と、禅のように瞑想だけが大事といっている派がありますが、この対立は理性対感性にあたると思います。でも、後者の人は、往々にして、前者の思想を勉強してることが多いように思います(たとえば禅家なら道元とか鈴木大拙とか)。私は素人ですが、ひとたび、”自分の思想だけが正しい”と言い始めて、他(相手)の意見を顧みず”補完”をやめてしまう人には残念なおもいがします。”相手”があっての人生ですから。9月20日のほうにもコメントしました。
荒野の狼 * URL [編集] 【 2012/12/24 04:33 】
--- ---

こんばんは

「人は一人では一人になれない
相手がいるからこそ一人になるのである」
これはいつだったか、聞いたことがあります
わかったような、わからないような
中途半端な気分でふ~んって思ってました

お写真の押し出すように開く扉
開くと多くのものが入ってくるような
そんな感じがします。
とても美しいすばらしいお写真ですね

ぽち
megu * URL [編集] 【 2012/12/24 00:55 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/23 23:26 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2012/12/23 22:45 】
--- ---

絵画のようなお写真ですね
ピンクのお花はバラでしょうか^^
さぞ扉の向こうも、心弾むような世界が待っているのでしょうね♡
ゲオルク・ジンメルの素敵な言葉に後押しされ
小一時間ほど想像(妄想)させていただきました(^^)/
まあさん * URL [編集] 【 2012/12/23 18:51 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/217-b1616d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |