FC2ブログ
見極め~naturalistic fallacy そしてdefinist fallacy
IMG_3118_20190814102057f20.jpg

(英国の哲学者ムーアの”倫理学原理”
往時のメタ倫理学界へは結構な衝撃を齎したという著作であります。
彼が提起した”自然主義的誤謬”
今日まで絶えることなく
メタ倫理学の課題とされており
”ムーアの議論”として知られています。

大変に誤用の多い概念で
かのヒュームの法則に似ているようでいて
全く非なるもの。
無論、賛否ありまして
定義主義的誤謬、記述主義的誤謬などといった
多くの立場によって否定されてもいます。

ですが、私的には極めて有用かと。)
定義できないものを
定義しようとしてしまうこと
或いはしてしまっていることへの
問題意識は持たねばなりません
そう、学ぶべきは此処なんですね・・・。

定義は、できないけれど
理解できてしまうという状況が
余計に混乱を助長してしまっているよう。

多くが薄々その違和に気付きながらも
議論の渦にのまれてしまう現実をみているのは
少々辛いです(涙

      *

散見されるのが
原理に関する主張
現象(現状)に関する主張
当為に関する主張等々が
同じ土俵で議論されている様子
こうなれば文脈の共有は困難で
事態の収拾は覚束ないようです。











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【 2019/08/14 10:28 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/2206-9d9f1a9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |