FC2ブログ
詩的散文 Ⅰ~ユーゴー/レ・ミゼラブル~ポエトリーリーディング
DSC_0316.jpg

ユーゴーの長編小説”レ・ミゼラブル”をして
詩的散文とみるメッセージをお寄せ戴き
大変に共感致しましたので
テクストに纏めてみようと思っています。

ポエトリーリーディングという
カテゴリに象徴されるように
テクストを優しく語りかけるように読み進むならば
それはそれは心地よく
胸に響いてくる作品がありまして・・。

日本語も美しい言語と感じていますが
フランス語のそれもまた
雰囲気ある綺麗な言語で・・・
その素晴らしさは相乗作用となって
心に沁みて参ります・・・。

そう在る理由はと云えば
まずもって
彼のコンテクストに
概してシンメトリー性があるということ。

これ、あくまで傾向的・・ではありますけれど
例えばスタイル
韻文に留まらず
散文としてさえそれぞれのセンテンスは
シンメトリーになっており
これは
構文上もそうであり
尚、文節数、音節数が同じ
さらに
リズム単元のシンメトリーまでもそこに重なってきているんですね。
また、ユーゴーの語彙の選び方
ここでも
彼の相当な拘りを感じずにはいられませんし
メタファも散見されます・・・。

ですので
文学理論から申し上げても
”詩的印象を受ける”というのは
至極自然な感覚であろうかといことを
まずもってここにお伝えして
書き進めて行きたいと思っています・・・。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

ーー思惟は理性の礎であり 
       想いはその歓びであるーー




























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2013/05/10 08:30 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/323-b8ff4142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |