FC2ブログ
軽井沢~軽井沢高原文庫~宮本輝/ここに地終わり海始まる
DSCN1327.jpg

ーー幸福とは、哀しみのキャンパス上に描かれるーー

最近は、アウトレットプリンスショッピングプラザなど
お買い物も充実の軽井沢ですが
昔ながらの面影を残すエリアを好んで訪れています。
白鳥の飛来からスワンレークと呼ばれる雲場池。
万平ホテル近くの幸福の谷 ハッピーバレーなど。
緑の葉をいっぱいに湛え伸びやかに立つ樹々の下
苔むした石畳の小路が続きます。
文学にも相応しい自然豊かなロケーションからか
軽井沢は文芸色の濃い町です。

軽井沢高原文庫が象徴しているように
堀辰雄、室生犀星、立原道造、有島武郎、川端康成、野上弥生子等
文学者たちの山荘に別荘、またその書斎も多く保存されています。
思い付くだけでも「聖少女」「木浅日」「軽井沢の雨」「小さき影」「夏の旅」「ルウベンスの偽画」「のちのおもひに」「美しい村」「風立ちぬ」「菜穂子」・・
軽井沢に纏わる小説は例をあげれば枚挙に暇がないほど。
堀辰雄が「風立ちぬ」の最終章「死のかげの谷」を執筆したのもこの地でした。

また、宮本輝氏の小説”ここに地終わり海始まる”もこの辺り
を舞台にした作品です。
軽井沢の療養所に暮らす病弱な女性のもとに舞い込んだ
一葉の絵葉書
ポルトガルのロカ岬の写真と
記された文字は

ーーここに地終わり海始まるーー

一度聴いたら忘れられないような
強いメッセージ性のある美しい言葉だと感じます。
過去にたった一度出逢っただけの著名なミュージシャンからの
(文学的)恋文を切欠に物語は展開するのですが
宮本氏らしい読みやすい文体と明るく伸びやかな躍動感が
印象的な小説でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

【 2012/08/15 08:29 】

| 文学~小説/詩/名言 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ユーラシア大陸最西端到達証明書/ポルトガル/ロカ岬~”ここに地終わり海始まる/宮本輝 | ホーム | セキュリーソフト~万全のウィルス対策~System Message/Write Fault Error画面が真っ黒/>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/35-4e8c588c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |