FC2ブログ
日本文学の馨る街~葉山 Ⅰ~秋谷海岸/立石~相州三浦秋屋の里/広重~草迷宮/泉鏡花
時が止まったかのような
藍の世界観

DSC_0072.jpg

辺りが
夕陽のヴェールに包まれるとき

遠い日の潮騒が
その翳に
寄り添う



古くは広重が版画”相州三浦秋屋の里”に描出した地
三浦七石の一つ
2500万年に連なる星霜を超え
摂理さえ内包するが如くの
葉山立石

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ


海を眺むるように建てられた石碑に
刻まれた銘文は鏡花の・・・
大崩壊の巌の膚は
春は紫に、夏は緑
秋紅に、冬は黄に
藤を編み、蔦を絡い
鼓子花も咲き
竜胆も咲き
尾花が靡けば月も射す
~草迷宮


こちら
月、碼碯、翠色の珠
といった
鞠形のイマージュを基調にした
耽美的フェアリーテイルな
美しき日本語のラビュリンス・・・。
















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

【 2013/10/01 08:27 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/404-46361179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |