FC2ブログ
合理的理性/大陸合理論~デカルト/ライプニッツ/スピノザ~聖夜へ


瞳に映る世界は
あらゆる法則が貫き
思い通りにゆかないことが多くあります

けれど
観念
理想の世界は
どこまでも
自由

そしてそれこそが
モラリティの
基底となる処なんですね
(Guevara の生き方が象徴的です)

ヒューマニティ
人間のもつ理性に対し
深い信頼を寄せた
デカルト
ライプニッツ
スピノザ
冷たい凛とした空気に包まれると
何故か彼らの志向性
その鼓動を
強く感じるんです・・。



























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2013/12/21 19:08 】

| 哲学 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/489-d3bf8df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |