FC2ブログ
完成された風景 ”空”~美はチカラ~サルトルの説得力


空は
ただ
そこに
在るが儘で美しい
そう
根源的美的存在であろうかと
思うんですね

特別なものは
何もなくて
それで
既に完成形

私たちを光に映し出す
朝陽のときも
灼熱の煌めきを注ぐ
真夏の洋上その高くにも
遙かなる山脈に呼吸する豊かな樹々の上にあっても
暖かな橙色で私たちをそっと包みこむ夕陽のときも
哀しみの内に伏せる頭上で月光という希望を投げかける
夜空のなかにも
海上にしんしんと降りゆく雪
水平線まで続く雲海にさえ
いつのときも
其のままに
芸術作品
のように鑑賞できる
美しきもの・・・

*************************************

”美”の存在意義

サルトル風に謂うならば

(伝達手段に他ならなかった文学に)
”美”が必要だった
その理由
それは
美が説得力として働くから

こうした
アプローチになってくるものでしょうか

美はチカラ

そして
生きるエネルギーに
なってゆくもの
なんですね・・・。































関連記事
スポンサーサイト



テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

【 2014/01/22 19:59 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/514-d8af20e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |