FC2ブログ
ヴァチカン市国~サン・ピエトロ大聖堂/バチカン美術館~最後の審判/サンピエトロのピエタ
02RZykOgKtGmMaw.jpg


ローマ郊外テベレ川右岸ウァティカヌスの丘に位置するヴァチカン市国
聖ペトロが殉教したという聖なる土地です。
カトリック教会の本拠地であり教皇はドイツ出身のベネディクト16世・
(時既に「法王」でなく「教皇」なんですね)
イタリア統一運動、ローマ問題を経てのラテラノ条約締結。
この「教皇との和解」から、ムッソリーニの独裁体制がより強固なものになったといいますから皮肉なものです。
現在は入国自由で、イタリアとの国境や管理もなく、道路の白線をまたいでの入国です♪
ミケランジェロがデザインしたという制服に身を包んだスイス人衛兵が印象的。
ローマ教皇庁が所有する自動車は、「Stato della Città del Vaticano」の略「SCV」ナンバー。

市内には
聖書の古写本、グーテンベルク聖書などのインキュナブラ他数100万冊にも及ぶという蔵書数を誇るバチカン図書館
そしてカトリック教会の総本山となるサン・ピエトロ大聖堂、サン・ピエトロ広場
さらにここバチカン宮殿の殆どを占める巨大なバチカン美術館。
正式名は「教皇の記念物・博物館・ギャラリー」
Pontifical Monuments, Museums and Galleries
ここには、ラファエロの間やボッティチェッリ、ベルニーニ、ミケランジェロといった巨匠の作品が所狭しと並んでます。

PAP_0235.jpg

ベルヴェデーレの中庭には古代彫刻群。

PAP_0274.jpg

大聖堂のシスティーナ礼拝堂には16世紀、ミケランジェロが描き上げた祭壇壁画「最後の審判」
天井画「創世記」
こちら旧約聖書の「創世記」がモチーフになっていますが、中でもキリストとモーゼの生涯をテーマにしたフレスコ画「アダムの創造」は美しすぎて・・・
これが見たくてヴァチカンにきたと言っても過言ではありません。

800px-God2-Sistine_Chapel.jpg

そしてミケランジェロの「ピエタ」こちらもしかりです。
彼は生涯に4つのPietà を制作しています。
ピエタとは十字架から降ろされたイエスを抱く哀しみの聖母マリアをモチーフにした聖母子像の彫刻(宗教画)のことですが
彼が完成させたのはこの”サン・ピエトロのピエタ”のみでした。
美しい像です。

300px-Michelangelos_Pieta_5450_cropncleaned.jpg

日本では東京カテドラル聖マリア大聖堂(丹下健三設計)にそのレプリカがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

【 2012/08/26 16:54 】

| ヨーロッパ散歩(海外旅行) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アレーナ/ヴェローナ~ロミオとジュリエット/シェイクスピア~ダンテ/神曲~ギリシア神話 | ホーム | フィレンツェ/修復の都~ルネサンス/メディチ家/ヴィーナスの誕生/ボッティチェッリ~サマセット・モーム/女ごころ~辻邦生/春の戴冠~ユーロスター・イタリア>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/53-1b6720c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |