FC2ブログ
若葉の季節~メンター制度
優しい春の陽光に照らされる
新緑の艶やかさ
その瑞々しい輝きに
葉の一枚一枚まで
愛しくなります・・・。

DSC_0482.jpg

そして
それは
季節を同じくして
こうして新たな出会いをもつ
職場の新人たちへの思いにも繋がります

微力ながら
ひとり
ひとりを
大切に
丁寧に
向き合ってゆきたい
と申しますのも
自身、メンターに恵まれてこその
今日までの日々であったろうかと
深く感謝しておりますので・・。



ところで
このメンターという言葉
ギリシア神話由来なんですよね

言わずと知れた”democracy”を初めとして
古希(古代ギリシア語)が
英語(他のヨーロッパ各国言語にも)の語彙に与えた影響は計り知れないようで
英単語を切欠にふと
古代ギリシア文学最古期から伝わる吟遊詩人ホメロスの叙事詩
”イーリアス”や”オデュッセイア”また、その他劇作家、哲学者らの記述が
想起されることが少なくなく
思いをめぐらせば妙に頷いてしまうことしばしばで。

こちらのメンターも
ギリシア神話に登場するメントール(Mentor)から。
彼は、英雄オデッセウスの友人でもあり
トロイ遠征におけるダメージコントロール
そして勝利へ導く有効な助言をも施した人物として
描かれていました
さらにはオデッセウスの不在中は
王子テレコマスの教育係を勤めており
オデュッセウス親子にとっては
信頼できる助言者であり
良き指導者であったということが伺われます。

そして現在の”Mentor”という英単語は
このお話しに従って
そのまま「良き助言者、指導者、支援者」といった意味合いで使用されているんですね。



業務上だけでなく広く人間教育的役割までもを総括的に果たす
マンツーマンでの教育人事システム
所謂”メンター制度”ですが
導入する企業も年々増えてきているようで
大変に頼もしい傾向かと・・・。

暖かなご指導と適切な助言を下さった素晴らしき恩師たちへの
真の意味でのご恩返しは
それを
次世代にこそ伝え
大切に育んでゆくことであろうかと
考えています。


















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/04/12 16:03 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/579-822ecf6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |