FC2ブログ
待宵草のあなたへ~スノ-ドロップ~宵待草/月見草
DSC_0038_20140810120356795.jpg

この日に記した
”陽の光が教えてくれたこと”
その返歌のように
英詩”待宵草”を創作下さったというあなたからのMAILに接し

あぁ
あの 待宵草だ・・・
咄嗟にそう感じました
夕暮れに花開き
朝陽が射すと
慎ましく身を隠すように
その命を終える花

夜空の
果てしのないような静寂に
寄り添うしなやかな光
その月光をただ眺める
待宵草の刻(とき)

それだけ、
ただ
それだけの
時間

なのに
誰より
”月の美”を知るのが待宵草
なんですよね

通り名の月見草は
そうした
儚い”生”への慈しみをも含めて
名付けられたものでしょうか。

夢二が愛し
”宵待草”に恋のやるせなさを重ね
太宰が、
晶子が
こころに架けた花。

英名はsnowdrop
冬枯れの庭に控えめな華やぎを導くので
その花言葉は
なぐさめ、
まさかの友、
希望・・・。

英国詩にも登場するは
可憐な佇まい

”2月の美しい乙女”
”聖母の小さな蝋燭”
”キャンドルマスの鐘”

キャンドルマスとは、聖燭節
祭壇に捧げられるスノードロップ

歴史は古く
エデンの園を追われ
哀しみにくれるイヴを慮った天使が
その翼で
見渡す限りの雪原に弧を描く
すると
真っ白な雪の下の冷え切った大地から
イヴを勇気付けるように咲き始めたという
伝説の 雪の華

そんな
スノードロップ
そう
私たちの宵待草を胸に置きながら
拝読させて戴きました。



あるがまま
なすがままの
小さな呟きの先で
ひとつの想いになって流れてゆく
それを
あなたは見つめ丁寧に読み取って
あのように深い英詩にして贈って下さったそのことに
こころからの
感謝の気持ちを込めて・・・

ほんとうに
ありがとう
ございます。

saki






























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/08/26 20:45 】

| 文学~小説/詩/名言 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/690-a61edf3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |