FC2ブログ
セザンヌとゾラを想って
DSC_0310_20140925120944c91.jpg

少年時代から深い絆で結ばれてきたという
偉大なるゾラとセザンヌ
彼らが、ゾラの”或る小説”の発表と前後して絶縁したかのような伝記が
覆されるに足る重要な書簡がパリで発見された
そんなニュースが
セザンヌ協会ホームページのプレスリリースにUPされたのは
2014年夏
つい先頃のことでした・・・。

それにしても
ポスト印象派
近代絵画の父として知られるセザンヌと
フランス文壇のみならず
世界の文豪ゾラが
同時期に同じ中学校に在籍していた
(後の天文学者のバイユと3人はウェルギリウスや
ユーゴー、ミュッセらの作品を通じて心かよわせ合った親友だったとか)
というそのことに改めて感慨をもつ記事でありました。

ゾラが
セマフォール・ド・マルセイユという名の
マルセイユ地方の新聞に
匿名で投稿した
(往時巷では理解が得られていなかった)セザンヌ作品への
賞賛記事
彼が美術批評家としての側面を併せもったのは
セザンヌの存在があったからに他ならず
セザンヌの才能を信じた(かった)から
それ以上でも以下でもないと
個人的には思っているんですけれどね(笑

ゴーギャンのセザンヌ評ではありませんが
そもそも
万人に認められる作家って
存在するんでしょうか

セザンヌがエコール・デ・ボザール(よりによってですが)を
断念しなければならなかったことを思うと
美術学校の試験でさえ時代の価値観に合わなければ
可能性を見出して貰えないという
哀しい現実もみえてまいりますが
ルーヴルでは
ベラスケスやカラヴァッジオに
傾倒したというセザンヌ。

七月王政の時代に生まれ
第二共和制
第二帝政
普仏戦争
(マルクスによる)パリ・コミューン
第三共和政
といった変遷を辿ったフランスと共に生き
そこで移ろう美術潮流のなかで
ひたすら自分自身を信じ描き続けた彼は
やはり”光”を追い求めたんですよね
それも
南フランスの
プロヴァンスの・・・。

最後の100フラン紙幣に
彼の肖像が描かれたそのことは
国民的画家という
ステータスを得た象徴でもありますが
手元にある
このセザンヌ紙幣の裏面には
(いかにも無造作に転がっているかのように見える果物が配されており)
セザンヌが拘り抜いた静物画
その有り様が
なんとも愛しくてなりません。












関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2014/10/31 20:51 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/740-489ee1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |