FC2ブログ
キング牧師記念日にキング牧師の演説を紐解いて贈って下さったあなたへ


ーー公民権運動の指導者であり
1968年に暗殺された M.L.KING牧師の功績を記念する
連邦の祝日
そんなキング牧師記念日には
毎年、キング牧師の演説を読まれるという
あなたの休日の過ごし方に接し
尚、アーカンソーのリトルロックを訪問されたことを機に
リトルロック高校事件のあった年のスピーチを紐解いて
ご紹介下さったことに
こころからの敬意と感謝の気持ちを込めてーー
      *
      *
      *
昨今の国際情勢を鑑みても
報復に次ぐ報復
その哀しい連鎖の帯を断ち切るのは
非暴力(=愛)の他ないんですね・・・。

限りない愛情で
裏打ちされた理解を
差し向けなければ
互いに
許しは生まれてこないんですよね。

そして
許すこと
まず
そこから始めなければ
光さえ
見えて来ないということ・・・。
          
其処で
もし憎むことがあるとすれば
それはsystemであって
individualsではありません結え
個の尊厳を傷付けるような言動は
決してあってはならないんですよね。
(少なくともこれが表現の自由行使の際の最低限のルールそのひとつでもあろうかと)
     *
     *
     *
私たちひとりひとりが
人間の条件を
しっかりと備えての
その上の言動失くば
いずれ
世界は哀しみの海に沈みます・・・。

一見平和に見えるこの日本に於いても

人道的であれば
一般には
合法性に一定の担保がもてるよう
ですが
合法的であるからといって
必ずしも
人道的とは限らない
これが
社会問題を引き起こす
ひとつの大きな誘因になっているようにも思うんです。

法治国家とは
単なる”ガイドライン”が整備されているように
映るに過ぎません。
当然のことですが
法ですべてを
網羅することなど叶いませんし。

要は人間一人ひとりが
必ずや守り行動して行かねばならない
人間の条件を備えること
それが
如何に大切か
ということなんですよね。






キング牧師のように
いつかは・・・と
信じることが出来るようになるために。




























関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【 2015/01/22 18:02 】

| 未分類 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/785-9858547b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |