FC2ブログ
優しさの始まり・・・淡い光~モネ/かささぎ/ルエルの眺め~四月物語の本屋さんへ
DSC_0250_20150123164730975.jpg

モネの描き出した”かささぎ”


同じく一面の銀世界を
描いた
フリードリヒの
厳格で凍てついた”雪”とは
異なる美しさを備えた作品です。

まっしろな情景に
一羽のかささぎが
佇んでいる

けれど
ひとを拒絶する”雪”とは違って
なんだか
暖かいんですね・・・。

-あのフェルメールの光のぬくもりにも似て-

そう
まっしろ
なんですけれど
光が
色彩が
溢れている
だから
きっと
あんなにも
豊かさに
充ちているのでしょうか。

色の密度が齎す
グラデーション
その質感
その表情
その奥行き
その眼差し
ほんの少しの不安を伴った
その暖かさ

言葉にならない
ぬくもり
を含んだ情景。

優しさのヴェールは
淡い光に寄り添って
日常の些事を愛しむこころに
宿るものでしょうか・・・。

20050124_153220181m.jpg

※彼の”ルエルの眺め”も
同じような理由から
好きな作品ですが・・・

今日の文章は
GOMAさまの”四月物語”その返歌として
綴らせて戴きました。

優しい光
淡い光は
わたしたちの
きっと誰もが
胸の奥に仕舞いこんでいる
受験、進学、新学期といった
”四月”を

生活のひとこま
ひとこまをを慈しむこころを

自転車で街路樹を過ぎゆくリズムを

街角の
本屋さんの
交差点の
温もりを・・・

呼び覚ましてくれるような気がするんです。

今にも
四月のピアノが
聴こえて来そうです。

mone2.jpg



















関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/02/04 08:20 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/799-eb35280b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |