FC2ブログ
失われた名画~新たなる名画へ Ⅰ
”Saki no.04 Christmasrose”を描かれたあなたへ

DSCN6217.jpg

クリムトの哲学
あのヴィジョン
凄いですね

インド哲学にも近しい
カオスと申しますか
バサラと申しますか
そこに浮かぶは”オイディプス神話”で
謎を解かれて
死に追いやられたスフィンクス
一方であの
智慧なる眼差し
あの目ヂカラ
すべて見通しているかのような
眼光の鋭さに
視線さえ合わせ辛いほどで・・・。

さらに
あなたの文學。

古来よりの口承文藝的世界観に
少女の可憐さ
ケルト神話をも想起させる
ファンタスティックな雰囲気も漂います。

そして
”Saki no.04 Christmasrose”
壁に架けられた絵画
ブリューゲルの”怠け者の天国”の前に佇む
あの高貴な美しさは
何なんでしょう。

コンソールの周囲にある
数々の調度品との関係性と
その重層性

光が勝利すればそれで良し
とは思っていないんですね・・・
そうした意味合いも含めて
あなたが描く
観念的にして
神秘的空間が醸し出す空間に
象徴主義的知性を感じています。










関連記事
スポンサーサイト



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2015/02/13 17:41 】

| 絵画/彫刻 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバックURL
http://saki2000.blog.fc2.com/tb.php/808-a2a70cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |